IT

食品安全を守る基準ISO22000|ISOの重要性と取得方法

確実性のある認定取得

笑顔の婦人

iso規格の認定取得を確実に行いたいのであれば、コンサルティング会社への依頼がお勧めです。認定取得費用に加え、コンサルティング費用を支払う必要がありますが、計画的且つ確実に認定取得を得ることが可能となっています。

もっと読む

食品安全問題と規格

男性

基準というのは、人間の生活において必要不可欠な概念です。ISOは国際間の取引に関する世界共通の基準を決定する国際標準化機構のことを指し、ISOによって定められた基準のことをISO規格と呼びます。ISO規格として定められた基準は、国際規格だけでなく国内規格としても適用されるのです。つまり、国際取引を行わない国内企業においても、ISO規格による基準を守る必要があるということになります。ISOに定められたISO規格の内、ここではISO22000について知っていきましょう。
ISO22000は食品の安全保持に関する体制における国際規格で、食品が製造されて出荷、消費者の食卓に辿り着くまでの流れを基準化した国際規格のことを指します。近年の日本では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている食品への異物混入がメディアに取り上げられる機会が多くありました。そのため、食品関係の事業に携わる全ての事業において、食品安全が重要な課題として意識されるようになったのです。ISO22000では、食品をより安全な状態で食卓に届けるための体制を基準化しているので、ISO22000を取得している企業というのは信頼できる食品を提供している企業であるといった認識を受けることになります。それに対し、ISO22000を取得していない企業というのは、食品の安全を保障する指標を持っていないため、信頼性に欠けます。つまり、ISO22000を取得しているかどうかによって、企業への信頼が大きく変化するのです。信頼が大きく変化するということは、利益的にも影響があります。現代社会において、食品に携わる企業がISO22000を取得するというのは必要不可欠な項目なのです。

適切な情報管理

作業員

企業における情報管理というのは、重要な項目です。ISO27001/ISMSの認定取得を受け、そのマネジメントシステムを運用・管理することができれば、信頼性のある情報管理を行うことができるようになるでしょう。

もっと読む

iso取得後の課題

男女

isoの認定取得後には、企業で作成したISO文書の内容に合った企業活動を継続していく必要があります。文書管理システムを導入することで、その企業活動を継続するあたって必要となるISO文書の管理が容易になります。

もっと読む